行動する人にだけ、結果がついてくるんだと思います。

 

「行動力」

この「行動できるかできないか」の差が大きいです。

いや「行動するかしないか」と言った方がいいかも知れません。

 

何かアクションを起こしてしまえば、そこに力が発生するので、何かが変わります。

何かアクションを起こすことができたならば、さっきまでの自分とは少し違うわけです。

 

だから、最初の一歩を踏み出せたということは、少し変われたということです。

だから、どんな人でも、変われないってことはないんです。

でも、慣性の法則というものがあって、その変化はすぐに元に戻ろうとします。

 

それでも、何かアクションを起こし続ける。アクセルを踏み続ける。

車も、最初の動き出しが一番力が必要です。エネルギーが必要です。

それでも、アクセルを踏み続ければ、動き出し、あとは、逆に慣性で進み続けます。

進むことが楽になります。

 

変われるか変われないかは、行動するかしないか。

それを継続できるかできないか。

ただ、それだけです。

 

「いやいや、わかってます。でも、できないんです。」

そういう人は多いでしょう。

 

そんな場合は、背中を押してくれる人、背中を支えてくれる人が必要かも知れません。

継続できるかどうかは、根性論ではなく、継続できる仕組みを作ってしまえばいいんです。

だから、誰でも変われると思っています。

 

私は、目の前の人が変われるように、背中を押します。支えます。

継続できる仕組みを提供できます。

継続できるまで、結果が出るまで、支えます。力になれます。

 

どんな人にも、できない理由はありません。

できない理由があるとすれば、一つずつ潰していけばいいんです。

 

逆に、できない理由があるならば、できるようになる理由もあるんです。

それを一つずつこなしていけばいいんです。

だから、誰でも変われるんです。

 

何度も繰り返しますが、変われるか変われないかは、

行動するかしないか、行動を継続できるかどうか

ただ、それだけなんです。

 

そこに年齢とか性別とか立場とか、そんなもんは一切関係ありません。

その人なりのできない理由があるだけで、それを一つずつ潰していけばいいだけなんです。

 

言い訳は誰にでもできます。

でも、それって逃げる自分を肯定してるだけです。

 

勇気が必要だったら、誰かに貰えばいい。誰かに背中を押して貰えばいい。

応援してくれる人、支えてくれる人は必ずいます。

 

少なくとも、私は目の前にいる人、関わる人を応援します。支えたいと思っています。

だって、70億人もいるこの世界で、出会うことができた

とても貴重で、大切で、ありがたい存在なわけだから。

そのご縁を大切にしたいと思っています。

何度も繰り返します。変われない理由はありません。逆に、変われる理由はあります。

パーソナルトレーニングを受けにこようとした時、今までにないことをしようとした時、

もうアクションを起こしたんだから、変わり始めてます。

それをいかに継続できるかだけなんです。

今できないということは、これからできるようになる可能性があるってことです。

むしろ、可能性しかありません。

今までやってないことをやるってことは、伸び代しかないってことです。

変わるためには、何かを変えなければいけません。

逆にいえば、何かを変えれば、何かが変わるってことです。

行動しましょう。アクションを起こしましょう。

行動する人だけに、結果がついてきます。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また。

心と身体の問題を整理して解決に導く

五木田穣

合わせて読みたい過去記事
【慣性の法則】自分を変えるために必要なこと
あなたが必要と思っているものは、本当に必要ですか?
誰と付き合うかは、自分がどうなるか。
継続は力なり。それは不変の原理原則である。
継続できないと意味がないから、自分が継続できる方法でやりましょう。
できなかったことより、できたことに目を向けてみる。
「できない」ことは悪いことじゃない。
できないことは、恥ずかしいことじゃない。
できると思えばできる。できないと思えばできない。
「できるできない」は今の話。「できるようになる」のはこれからの話。
「自信」とは、まず自分を信じること。
自信とは、自分を信じること。そのためには、知ることが大切である。
決める。行動する。変われる。
ヨガやピラティスのレッスンで挫折したことありませんか?


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事