反省するのか。後悔するのか。


「反省」「後悔」について。 

 

「後悔」とは、後から悔やむことです。

「あの時、あぁすれば良かった。こうすれば良かった。」と、

過去に起きたことを、悔やむことが後悔です。

 

 

あの時こうすれば良かったと言っても、今更どうすることもできません。

起きた現象は変えることができません。

過去にどんなに意識を向けても、過去は変えることはできません。

 

一方、「反省」とは、自らの行動を省みることです。

過去に起きたことに意識を向けるのは一緒ですが、

「次はこうしよう。」と、未来の行動に目を向けているところが違います。

過去の出来事を未来に活かそうとするのが、反省です。 

 

 

「後悔」は後ろ向きで、「反省」は前向きです。

「後悔」はマイナス思考で、「反省」はプラス思考です。

「後悔」は成長を妨げ、「反省」は成長を促します。

 

「後悔」と「反省」は、似ているようですが、似て非なるものです。

「後悔」は、過去のことしか見ていませんが、「反省」は未来のことを考えています。

 

過去の出来事を反省し、今に活かす。

今の出来事を反省し、未来に活かす。

 

人は学習して、成長できる生き物です。私自身、反省の毎日です。

でも、過去のことは変えられないので、考えていても仕方ありません。

後悔ではなく、反省をし、今までの経験を未来に活かしていくしかありません。

 

変えられないことを気にしていても仕方ありません。

変えられるのは、これからのことだけです。

 

今がうまくいってなくたっていいじゃない。

これからよくしていけばいいじゃない。

 

過去がダメでも、今は良くしていける。

今がダメでも、未来は良くしていける。

 

「今この瞬間をどう生きるか」

その積み重ねでしかありません。

未来に向かって、一歩一歩歩んでく。

ただ、それだけだと思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

それでは、また。

 

 

心と身体の問題を整理して解決に導く

五木田穣

 

合わせて読みたい過去記事
「できるできない」は今の話。「できるようになる」のはこれからの話。
自分を受け入れることで、他者も受け入れることができる。
できるできないは、自分の信念次第。
できないことの何が悪いの?
「できない」ことは悪いことじゃない。
「あきらめる」ことは悪いことではない。
【慣性の法則】自分を変えるために必要なこと
それは自分の価値観?誰かの価値観?
結局のところ、思考の癖がすべての原因となると思う。

 


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 

 


無料相談

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 

 



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.