スタバなうな、千葉県のパーソナルトレーナー五木田です!

昨日は、カラダ向上スクール4日目「実践!肩こり腰痛予防改善エクササイズ」でした。

 

10006198_859179310794002_1007691090252105667_n

 

 

■水漏れしているのに、あなたは床を拭き続けますか?

もし、あなたの家が水漏れしてきたらどうしますか?

きっと、すぐにやることと言えば、バケツを置くとか、床を拭くとかすると思います。

「床が濡れているという症状」は、床を雑巾で拭けばすぐその場で解決できます。

しかしながら、「水が漏れているという原因」は解決していませんので、水漏れはいつまで経っても発生し続けることになります。

実際、水漏れしていたら、あなたは床をずっと拭き続けるでしょうか?

きっと、「くら〜し安心、くら〜◯あん♪」に電話すると思うんですよね(笑)

やっぱり、専門の方に頼るというのは、困った時には必要だと思います。

 

■肩がこったら、腰が痛くなったら、マッサージに通い続けますか?

では、身体のことではどうでしょうか?

きっと、肩がこったら、腰が痛くなったら、マッサージを受けに行こうと思う人が多いのではないかと思います。

「肩がこっている、腰が痛いという症状」は、マッサージを受ければ、その場では解消されるでしょう。

でも、すぐにまた肩がこったり、腰が痛くなったりすると思います。

これも、水漏れの話と全く一緒で、「肩がこった、腰が痛くなった原因」は解決していませんよね。

だから、水漏れするように、慢性的に肩がこっている、腰が痛いという状況が続いてしまうというわけです。

水が漏れているから、床を拭く。
肩がこっているから、マッサージをする。

これらは、その場しのぎの対症療法であり、いつまで経っても、根本的に改善することはありません。

 

■「症状」ではなく、「原因」を考えましょう。

「こりや痛み」は、ただの症状であり、原因ではありません。

「こりや痛み」が消えたからといって、治ったわけではないんです。

「こっている肩や、痛みのある腰」は被害者であり、加害者は別にいます。

症状だけにとらわれてしまうと、いつまで経っても被害が出続けることになります。

症状ではなく、原因に目を向けることが大切です。

 

スクリーンショット 2014-06-05 22.04.34

 

なぜ、肩こり腰痛は起こるんでしょうか?

どうしたら、予防することができるんでしょうか?

どうしたら、改善することができるんでしょうか?

 

多くの原因は、不適切な姿勢と不適切な動作にあります。

それらを正していくエクササイズを行って行くことが、根本的な肩こりや腰痛、その他の障害や不定愁訴の根本的な原因解決の道筋となります。

 

肩こり腰痛は解消できます。原因に目を向け、アプローチをしていけば、その場しのぎの一過性のものではなく、永続的に肩こり腰痛に悩まされることがなくなります。

次回のカラダ向上スクールのテーマは、「実践!正しい姿勢と体幹トレーニング」です!よりよい姿勢と動きをつくるため、体幹の働きに着目したエクササイズを行って行きます。

 

単発受講も可能となっておりますので、ご興味ある方はお問合せください☆

肩こり、腰痛などで、お悩みの方は、ぜひご相談下さい。

それでは、また!

 

千葉県のパーソナルトレーナー
五木田穣


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事