赤ちゃん先生に学ぶ身体の使い方。

先月のことですが、法政大学で授業をしてきました。 半期に1回特別講師としてお招きいただいていて、今年度で4年目。   今回は、『赤ちゃん先生』の動きを参考に、 身体の使い方についてお話してきました! &nbsp


心と体の変化は、考えることから始まる。

マザー・テレサさんが仰った言葉に、こう言ったものがあります。     思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい、それ


週2回より、月2回のパーソナルトレーニングの方が良いと思う理由。

普通は、週に1回だったり、短期ダイエットジムなんかは週2回だったりしますが、 私は、月2回(隔週)でのパーソナルトレーニングを推奨しています。   週2回を2ヶ月(16回)やるなら、 月2回を8ヶ月(16回)や


【報告】横浜で脱力セミナーを行いました!

先日、横浜にある神奈川スポーツセンター様にて、 『3時間で誰でも脱力できる方法〜力を抜いて、骨を動かす〜』 というテーマでセミナーを行ってきました。   脱力セミナーは、もう何回も開催しておりますが、 3時間あ


【報告】呼吸に関するセミナーを開催しました!

先日、北松戸にあるキックボクシングアカデミーROOTS様にて、 『呼吸で身体を整える〜呼吸という動作パターンから姿勢と動作を変える〜』 というテーマでセミナーを行ってきました。   6月に行った 『ムーブメント


五木田塾で長野合宿に行ってきました!

昨年の9月からスタートした Your Best Solution Mentorship Program(通称五木田塾) も早1年が経ち、関東と東海から成るメンバーは、総勢29人になりました!   そして、8月2


【報告】名古屋トレーナー勉強会で「脱力」と「発育発達に基づく動作学習」について講演してきました!

先日、パーソナルトレーニングスタジオの老舗nano様主催の 名古屋トレーナー勉強会にお招きいただきまして、 講師を務めさせていただいてきました!     写真で分かる通りの超満員御礼!! 過去最大級の


最高の疲労回復法。ストレスとどう付き合っていくか。

『スタンフォード式疲れない体』 『世界最新医学が証明した究極の疲れないカラダ』 を、最近読みました。     その流れから、『毎日のカラダが楽になる最高の疲労回復法』を読みました。 「スタンフォード式


究極の疲れないカラダ。日常的な動きの癖を見直しましょう。

『スタンフォード式疲れない体』に続いて、 『世界最新医学が証明した究極の疲れないカラダ』を読みました。 こちらは、ニューヨークマンハッタンで開業されているカイロプラクター仲野さんの著書。 「スタンフォード式疲れない体」は


スタンフォード式疲れない体。心と体を整える重要性。

『スタンフォード式疲れない体』を読みました。 世界トップレベルの「科学的知見」をもつスタンフォード大学。   全米大学スポーツランキング23年連続総合1位で、 リオ五輪でも27個のメダルを獲得するなど、「世界最


【報告】ムーブメントベースドトレーニングのセミナーを開催しました!

先日、北松戸にあるキックボクシングアカデミーROOTS様にて、 『ムーブメントベースドトレーニング〜できない動きをできるようにする段階的トレーニング方法〜』 のセミナーを行ってきました。     4月


2018年5月に読んだ本17冊。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。 読書はライフワークです。 2015年は158冊、2016年は180冊、 2017年は151冊の本を読みました。 →年間150冊以上。3年間で読んだページは120


【告知】7/1(日)名古屋トレーナー勉強会で講師を務めます!

パーソナルトレーニングジムの老舗といえば、名古屋のnano! この度、ご縁をいただきまして、nano様主催の勉強会にお招きいただくことになりました。   以下、詳細です。   日時 2018年7月1日


姿勢が良い人、姿勢が悪い人。

昨日は、法政大学の授業に特別講師としてお招きいただき、 『姿勢』をテーマにお話してきました。 半期に1回お招きいただいていまして、今年度で4年目になります。     昨日話した内容をベースに『姿勢』に


2018年4月に読んだ本14冊。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。 読書はライフワークです。   2015年は158冊、2016年は180冊、 2017年は、151冊の本を読みました。 →年間150冊以上。3年間で読ん


「健康」とは「心も体も満たされた状態」のことである。

先月のことですが、「心と身体の健康」というテーマで講演をさせていただきました。     セミナーや講演などをするときは、まず言葉の定義から考えていきます。 今回の場合は、 「心」とは何か? 「身体」と


© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.