いちいち一喜一憂してたら疲れちゃいますよ。

キレイな姿勢と動けるカラダづくり専門の

千葉のパーソナルトレーナー五木田です。

 

日常の中で、思い通りにいかないことって、たくさんあると思います。

でも、それにいちいち一喜一憂していたら疲れてしまいます。

 

例えば、ダイエットの場合、体重が昨日より増えてしまったとします。

でも、これ気にする必要ありません。

毎日毎日体重が落ち続けるわけがないからです。

 

1日単位で考えるのではなく、2日単位、3日単位、1週間単位、

1ヶ月単位で考えればいいんです。

で、増えたり減ったりを繰り返ししつつも、

結果として右肩下がりで体重が落ちていればいい。

日々一喜一憂するのは、無駄でしかありません。

 

例えば、ウエイトトレーニングで前回より回数ができなかったとします。

でも、これ気にする必要ありません。

そんな毎回毎回調子がいいわけがないからです。

 

やはり、1週間なり、1ヶ月なりで考えて、

結果として右肩上がりで回数や扱える重さが増えていけばいいんです。

毎回毎回一喜一憂するのは、無駄でしかありません。

 

例えば、リハビリで思うように治らないとします。

でも、これ気にする必要ありません。

リハビリのペースも人それぞれだからです。

 

最終的に良くなっていけばいいんです。

でも、リハビリをしていて良くなっていくイメージがわかない場合、

希望の光が見えてこない場合、その場合は内容が悪い可能性があります。

 

でも、小さな変化でも、少しでも感じることができていればそれでいいんです。

思うようにいかなくたって落ち込む必要はありません。

一喜一憂するのは、無駄でしかありません。

 

あらゆることに言えると思いますが、

いちいち起きたことに一喜一憂していたら疲れてしまいます。

 

できないこと、うまくいかないことにいちいちストレスを感じていたら、

精神的にも、肉体的にも、よろしくありません。

 

あまり物事に過剰に反応するのは良くありません。

ミスしても、次がうまくいけばそれでいいじゃないですか。

もっと気楽にいきましょ〜。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

それでは、また!

 

関連記事
できないことは、恥ずかしいことじゃない。
「動き」を変えれば「感情」が変わる。
ヨガのあのポーズが取れる取れないとか大事なのはそこではない。
心は動作に表れる。動作は心に表れる。
できなかったことより、できたことに目を向けてみる。
「自信」とは、まず自分を信じること。

 

パーソナルトレーナー

五木田穣

 

 


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 

 

 


無料相談

☆パーソナルトレーニングのご予約は、24時間受付しております!

クービック予約システムから予約する 

※ご利用方法は、コチラをご確認ください。

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事