【Q&A】どうしたら、バランスボールの上に立てるようになりますか?

特技は、バランスボールな千葉県のパーソナルトレーナー五木田です!

401306_274883615909494_781006194_n

最近は、バランスボールで遊ばなくなった(バランスボールを使う事をトレーニングとは思っていない)ので、過去写真ですが、これが1番反響があったやつですかね。

 

けっこう、バランスボールの上に立ちたいという声を聞きます。

アクセスワードも「バランスボール 立つ」みたいなのも多いです。

そんなわけで、今回のQ&Aはコチラになります。

 

「どうしたら、バランスボールの上に立てるようになりますか?」

209

 

■バランスボールに立つくらい、誰だってできます。

実際のところ、バランスボールの上に立つことは、そんなに難しくありません。

誰だって立てるようになります。

 

私は、ボールの上で膝立ちまでできる方なら、30分以内に立てるようにすることができます。

足を上げてボールの上に座れる方なら、60分以内に立てるようにすることができます。

 

ポイントさえつかめば、誰だってバランスボールの上に立つことはできます。

 

スクリーンショット 2014-06-30 16.21.50

 

↑ほら(笑)

アメブロからの古い読者の方には、懐かしいでしょうか?笑

皆の人気者、バランスボールおじさんです(笑)

 

ほとんど運動したことないような状態から、週に1回のレッスンを3ヶ月くらい続けたら、ここまでできるようになりました。

 

だから、断言します。

バランスボールに立つくらい、誰だってできるようになります。

 

■バランスボールに立てる=体幹が強い?

「バランスボールに立てる=体幹が強い」と思ってしまっている方が多いようです。

バランスボールおじさんは体幹が強いんでしょうか?

筋肉隆々なマッチョがバランスボールの上に立てなかったら、体幹は弱いんでしょうか?

バランスボールの上に立つには、「コツ」があるんです。

バランスボールの上に立てる=体幹が強い、というのはただのイメージであり、事実とは異なります。

 

■「コツ」とは、「重心」の感覚を得る事。

力学的観点からみれば、バランスが取れる=物体A(バランスボール)の重心に、物体B(自分)の重心が乗っていればいいんです。

バランスボールの重心と自分の重心が垂直に乗っていればいいんです。

重心と重心のずれを修正すれば立てます。

 

■では、解説しましょう。

バランスボールの重心は、球体なので、単純にボールのど真ん中です。

人の重心は、ざっくり言うと、みぞおちのあたりです。 

これをなんとなくイメージしてください。

単純に座るだけで考えます。

 

スクリーンショット 2014-06-30 16.21.54 スクリーンショット 2014-06-30 16.21.57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い↓が重力。黄色い○がそれぞれの重心です。

ボールの重心の上に、自分の重心が乗っていますね。

こんな感じをイメージします。

 

スクリーンショット 2014-06-30 16.22.01

 

では、ボールの上に立った時はどうなるでしょうか?

イメージにするとこんな感じになります。

 

スクリーンショット 2014-06-30 16.22.05

 

どうですか?

バッチリ重心を乗せられていますよね!

バランスボールに立てるかどうか、足を上げて座れるかどうかは、この感覚がつかめるかどうかだけです。

 

スクリーンショット 2014-06-30 16.21.46

 

バランスボールおじさんは、こんなのもお手の物です(笑)

 

重心がずれたほう(体重がかかっているほう)にボールは転がっていきます。

座った状態で足を上げて、後ろに体が倒れてしまう場合、重心が後ろにかかりすぎています。

座った状態で足を上げて、すぐに足が床についてしまうなら、重心が前にかかりすぎています。

座った状態で足を上げて、横に転がってしまう場合、身体(骨盤)がどちらかに傾いてしまっています。

それらが起きないように、随時、重心の位置を正せばいいだけなんです。

この感覚をつかめれば、膝立ちもすぐできますし、立ってしまうのも、そう遠くはありません。

 

バランスボールの上に立ちたいという方は、どうぞこちらの記事をご参考にされてください。

ただ、危ないので安易にマネをしないで下さいね。無理してやらないこと。

ケガをしてしまっては、何の意味もありません。

 

YouTube Preview Image

最後に、この動画を見てみてください。

重心をわざとずらしてボールを転がしながら、回っているのですが、

ボールの重心から、身体の重心が外れていないので落ちる事はありません。

重心のコントロールさえできれば、こんなのもできるようになっちゃいます。

 

■でも、何のためにバランスボールの上に立ちたいの?

最後に考えていただきたいのは、なぜ、バランスボールの上に立ちたいのか?

立てるようになる必要があるのか?です。

冒頭でも少し述べましたが、バランスボールを使うこと自体が、ただの遊びみたいなもんだと個人的には思います。

遊び程度のつもりでやる分には、いいと思いますが、競技力が高まると思って、バランスボールの上に立ちたいと思っているならば、要注意です。

バランスボールに立てることと、競技力を高めることに何ら関連性がありませんからね。

この辺については、また別の機会に。

 

では、まとめましょう。

  • バランスボールに立つ「コツ」は、重心のコントロール。
  • バランスボールに立てる=体幹が強いではない。
  • 行う意味を考えましょう。

580996_385432738187914_683738209_n

 

こんなのもできるようになります(笑)

以上!

 

ご質問、ご相談お待ちしてまーす!

 

千葉県のパーソナルトレーナー
五木田穣



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.