腹筋ができないのは、腹筋が弱いから?


キレイな姿勢と動けるカラダづくり専門の

千葉のパーソナルトレーナー五木田です。

 

「腹筋ができません」といった話をよく聞きます。

そもそも、その「腹筋」ってどういう動作のことですか?

 

写真①

シットアップ

こういうやつですか?

 

写真②

クランチ
それともこっち?

 

こっちなら、起き上がれなくて正解です。

ほら、この人も全然起き上がれてないですよね?

 

写真①は、シットアップ

写真②は、クランチという種目になります。

 

この2種目は、腹筋の種目として捉えられていますが、実は違います。

 

簡単に説明して行きます。

一般的に皆さんが、腹筋と考えているのは、こちらの筋肉でしょう。

 

腹直筋

 

 

正式には、腹直筋と言います。

腹直筋は、胸骨と肋骨から始まり、恥骨に付着している筋肉です。

(上の画像の青色の部分です)

 

腹直筋 

 

 

腹直筋が収縮すると、赤色の矢印の方向に身体は丸まっていきます脊柱の屈曲

簡単に言うと、腹直筋の働きは、身体を丸める事です。

身体を起こす事とは違います

 

クランチとシットアップ

下手な絵ですいません。笑

 

身体を丸める事と、身体を起こす事は、

どこの関節の運動かが変わります

 

どこが支点で、どこが力点で、どこが作用点かを考えていきます。


クランチ 

下手な絵ですいません。笑

 

このように、

写真②のクランチの場合は、支点腰椎骨盤帯(緑色の○のあたり)で、

力点腹直筋(赤い部分)

作用点胸椎~頭部の部分(ピンク)と考えられます。

 

シットアップ 
下手な絵ですいません。笑
 
写真①のシットアップの場合は、パートナーが足を押さえます。
 
または、何処かに足を引っ掛けたりして固定します。
 
 
そうする事で、支点足関節(緑色の○のあたり)になり、
力点股関節屈曲筋群大腿直筋、腸腰筋など。赤い部分)、
作用点腰椎~頭部の部分(ピンク)となります。

 

クランチは背中を丸める運動(脊柱の屈曲運動)ですが、

シットアップは、身体を起こす運動(股関節の屈曲運動)です。

 

つまり、身体を起こす事は、腹筋ではなく、 

脚の筋肉(股関節屈曲筋群)がメインで働くという事になります。
皆さんが一般的に考える腹筋運動は、 
股関節の運動なので、厳密には腹筋運動ではありません。
 

なので、腹筋が弱いから起き上がれないという表現は正しくありません

 

ただし、シットアップの時は脊柱が反り過ぎないように、

腹直筋が収縮する事で脊柱を安定させますので、実際は働いています。

 

腹直筋の脊柱を安定させるという働きがうまく機能していないor弱い場合には、

起き上がれないという事もあります。

 

腹直筋の純粋な働きだけ考えれば、

身体を丸くする事が少しでもできれば、腹筋(クランチ)はできています。

 

と言っても、実際のところ。身体の構造はそう単純ではありません。

色々な筋肉が共同しながら働き、動作を完成させています。

単純に腹筋が強いとか弱いとかの問題じゃないんです。

 

最後に、私の好きな動画シリーズをご紹介します。

こうやって視覚的に見た方が、イメージしやすいと思いますので、見てみてください(^^)

 

パーソナルトレーナー
五木田穣

 


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 

 

 


無料相談

☆パーソナルトレーニングのご予約は、24時間受付しております!

クービック予約システムから予約する 

※ご利用方法は、コチラをご確認ください。

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.