第3回プレミアムフライデー読書会を開催しました!

The following two tabs change content below.

五木田穣(Yutaka Gokita)

Your Best Solution代表
心と身体のコーチング。心と身体の問題を整理して、解決に導くプロ。 「体の問題は、心(思考)の問題から発生している」という観点から、運動だけでなく、心(思考)にもアプローチをする珍しいパーソナルトレーナー。 論理的にも、感覚的にもわかりやすい説明と、その人に合わせた段階的なアプローチで、できないことができるようになる指導に定評があり、全国各地から指導依頼や講演依頼が後を絶たない。

読書は、思考のエクササイズ。

非日常は、思考のストレッチ。

読書は、ライフワークです。

 

人は自分の経験と知識からしか物事を判断することができません。

そうなると、できるだけ多くの視点を知ることが大切だと考えています。

そのためには、新しい本と、新しい人に出会う機会を作ることが一番。

 

そう思うので、読書会も主催していたりします。

その名もプレミアムフライデー読書会です!

 

2ヶ月に1回、プレミアムフライデーの夜に、本の著者をお招きして、

本の内容を皆でワークするという形式の「実践型読書会」となっています。

 

そして、今宵は、プレミアムフライデー!!

今夜開催かと思いきや、先週の夜に開催してました。。

(著者の方のスケジュールの空きに合わせているため、前後の週にずれることもあります)

 

今回のゲスト著者は、

「ACTION!トヨタの現場のやりきる力」の著者、原マサヒコさんでした!

 

 

【原マサヒコさんのプロフィール】
原マサヒコ
株式会社プラスドライブ代表取締役CEO。
1996年、神奈川トヨタ自動車株式会社にメカニックとして入社。
5000台もの自動車修理に携わりながら、トヨタの現場独自のカイゼン手法やPDCAサイクルを叩き込まれる。
トヨタ流のカイゼンやPDCAサイクルを常に意識した結果、技術力を競う「技能オリンピック」で、最年少優勝に輝く。
さらにカイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」でも2年連続全国大会出場を果たすなど活躍。
IT業界に転身後は、PCサポートを担当したデルコンピュータでは「5年連続顧客満足度No.1」に貢献。
現在はWEBマーケティング会社のCEOとして、クライアント先のWEBサイト改善やマーケティング施策の推進業務を担当し、日々カイゼンしながらPDCAを回している。
第19代総理大臣“原敬”の子孫でもある。

 

プラスドライバー仕事術!

原さんの処女作『人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた』から、

実体験から導き出された、4つの仕事術について解説していただきました。

 

 

①スリップストリーム仕事術

スリップストリームとは、車のレースなどで前の車の後ろについて空気抵抗を避けて、一気に抜き去る技術のことだそうです。トヨタでメカニックとして働いていた時に、色んな先輩の良いところを真似をして、技を盗むようにしていたそうです。その結果、一気に抜き去り、技術力を競う「技能オリンピック」で、最年少優勝に輝いたそうだから、すごいですよね!

②すごいドライブ時間術

原さんはよく車に乗っていたそうで、一番時間を使っていたのが車の運転をしている時だと気づき、時間を有効に使うために、運転中に勉強できないかと工夫を考え、カセットテープなどで勉強していたそうです。自分が1日の中でよく使っている時間を把握し、いかに時間を浪費せずにコントロールすることが大切かということを仰っていました。

③バックミラー読書術

車の運転がうまい人は、ミラーと目視を使いこなし、車両感覚を抜群にコントロールし、車を操作します。つまり、視野が広い。視野を広げるために、読書をするようになったそうです。私自身も視野を広げるために読書をしてますので、共感しまくりでした。

④クラクション発信術

車の運転をしている時は、様々な意味を持って、クラクションを鳴らします。注意を促すためだったり、挨拶だったり、お礼だったり。気づいてもらうためにはクラクションを鳴らし、発信をしなければならない。情報が溢れる現代社会では、埋もれないために、情報発信をしていくことが大切だと仰っていました。

 

Action!をしている偉人の話。

原さんは、プレジデントオンラインの企画で「Action!」を続ける名経営者との対談をされています。その裏話をしてくれました。

ユニクロ、ローソンの社長を歴任された玉塚元一さんは、人生の選択肢では「挑戦しなかった時のリスクを考える」そうです。今はIT企業の社長をされています。

Coco壱番屋社長の宗次徳二さんは、判断に迷ったらお客様第一で考える。「世の中の動きなんてどうでもいい。目の前で自分たちが何をするか。それだけです。」と仰ったそうです。

 

Action!をしている人が常に意識していること。

また、Action!をしている人が常に意識していることとして、以下の4つをあげていらっしゃいました。

・目の前の業務の目的を常に意識している。
・アウトプットを前提としたインプットを常に意識している。
・木こりのジレンマを常に意識している。
・バリュープロポジションを常に意識している。 

どれもシンプルですが、とても大事なことだと思いました。

この4つを常に意識してAction!をしていきたいと思います。

 

出版裏話。

最後に出版の裏話を色々してくれましたが、刺激が強すぎるので、

公開は控えさせていただきます(笑)

 

 

プロモーションで使ったというAction!ティッシュをいただきました(笑)

原さん、お忙しい中、お越しいただきありがとうございました!

鼻血が出そうになるほど、出血大サービスな貴重なお話をありがとうございました(笑)

鼻血が出るほど、Action!していきたいと思います!

 

ご参加いただいた皆様もありがとうございました!

また次回もご参加お待ちしております!

 

■第1回プレミアムフライデー読書会 2017.8.25
先延ばしは1冊のノートでなくなる/大平信孝

■第2回プレミアムフライデー読書会 2017.10.20
1分で仕事を片づける技術/鈴木進介

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます!

 

それでは、また!

 

読書 × 神社 × パーソナルトレーナー

五木田穣

 

読書に対する基本的な考え方
・1年間に158冊の本を読んでみた。
・1年間に158冊の本を読むためにした工夫と、その結果得られたもの。
本を読むことは、食事を摂ることと一緒である。
年間150冊以上。3年間で読んだページは120,000ページ。


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

岩田松雄リーダーシップスクール

岩田松雄リーダーシップスクールのインタビュー記事です。

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 


無料相談

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 



The following two tabs change content below.

五木田穣(Yutaka Gokita)

Your Best Solution代表
心と身体のコーチング。心と身体の問題を整理して、解決に導くプロ。 「体の問題は、心(思考)の問題から発生している」という観点から、運動だけでなく、心(思考)にもアプローチをする珍しいパーソナルトレーナー。 論理的にも、感覚的にもわかりやすい説明と、その人に合わせた段階的なアプローチで、できないことができるようになる指導に定評があり、全国各地から指導依頼や講演依頼が後を絶たない。
© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.