スタンフォード式疲れない体。心と体を整える重要性。

『スタンフォード式疲れない体』を読みました。 世界トップレベルの「科学的知見」をもつスタンフォード大学。   全米大学スポーツランキング23年連続総合1位で、 リオ五輪でも27個のメダルを獲得するなど、「世界最


2018年4月に読んだ本14冊。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。 読書はライフワークです。   2015年は158冊、2016年は180冊、 2017年は、151冊の本を読みました。 →年間150冊以上。3年間で読ん


2018年2月に読んだ本18冊。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。 読書はライフワークです。   2015年は158冊、2016年は180冊、 2017年は、151冊の本を読みました。 →年間150冊以上。3年間で読ん


原理原則に則っているかを考えれば、情報に惑わされない、騙されない。

何事にも、原理原則というものがあります。   「原理」とは、 多くの物事を成り立たせる、根本的な法則(規則)。認識や行為の根本をなす理論。 「原則」とは、 特別な場合は別として、一般に適用される根本的な法則。


自分が知っていると思うことは、知っているつもりになっているだけかもしれない。

世の中知らないことだらけだなと、つくづく思います。 知っていることと、知らないこと。 どう考えても知らないことの方が圧倒的に多いはず。 にも関わらず、私たちはついつい知っているつもりになりがちです。   例えば


本を読むことは、食事を摂ることと一緒である。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。   キレイな姿勢と動けるカラダ専門の 千葉のパーソナルトレーナー五木田です。   昨日、「知的読書の技術/渡部昇一」を読みました。 &nbs


自信とは、自分を信じること。そのためには、知ることが大切である。

キレイな姿勢と動けるカラダづくり専門の 千葉のパーソナルトレーナー五木田です。   皆さん、「自信」は、ありますか?   【自信】 自分で自分の能力や価値などを信じること。 自分の考え方や行動が正しい


1年間に158冊の本を読んでみた。

千葉のパーソナルトレーナー五木田です。 本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m     2015年の読書は合計158冊。 昨日、本棚の整理をしたのですが、こんな感じにIKEAで買った本棚にすっぽり


© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.