「目的」に対して「手段」があります。


千葉県のパーソナルトレーナー五木田です。

 

「◯◯トレーニング」とか「◯◯ダイエット」とか、「◯◯なんとか」というのが、たくさんありますね。

 

例えば、トレーニングでいうと、
・加圧トレーニング
・体幹トレーニング
・ファンクショナルトレーニング
・サーキットトレーニング
・初動負荷トレーニング

 

などが良く耳にするようなものでしょうか。

 

■「◯◯なんとか」には、メリットもデメリットもある。

よく、「◯◯って、いいんですか?」みたいな質問をされます。

 

「加圧トレーニングって、いいんですか?」
「体幹トレーニングって、いいんですか?」
「ファンクショナルトレーニングって、いいんですか?」
「サーキットトレーニングって、いいんですか?」
「初動負荷トレーニングって、いいんですか?」

 

この質問って、答えられないんです。。

 

「何に対していいのか」というところがないので。

 

例えば、「脂肪燃焼させるのに、加圧トレーニングっていいんですか?」といったご質問だと、比較的に、イエスかノーで答えられますので、答えやすいです。

 

逆に、

「加圧トレーニングって、ダメですよね?」
「体幹トレーニングって、ダメですよね?」
「ファンクショナルトレーニングって、ダメですよね?」
「サーキットトレーニングって、ダメですよね?」
「初動負荷トレーニングって、ダメですよね?」

 

といった場合も全く一緒ですよね。

「何に対してダメなのか」がないので、答えることができません。

 

「◯◯トレーニング」と名の付いたもの、「◯◯なんとか」は、他にもたくさんあります。

 

これらは、

どれがいいんでしょうか?

どれがダメなんでしょうか?

 

その答えは、ありません。

どれもいいし、どれもダメではありません。

 

それぞれ全く別のもの、別の考え方なので、単純に比較することはできません。

これらは、そもそも比べるようなものではありません。それぞれにメリットがあり、デメリットがあるからです。

 

何に対して、どれがいいのか。これは、人によって変わります。

 

あなたにとって、何が必要で、そのために何があって、何をやるかという考え方が大事です。

そこで初めて、◯◯はいいとか、◯◯はダメという話になります。

 
■「目的」と「手段」がごっちゃになってませんか?

「加圧トレーニングをしたいんですが」

「体幹トレーニングをしたいんですが」

こんなご依頼もあります。

 

加圧トレーニングも、体幹トレーニングも、「目的に対しての手段の一つ」でしかありません。

ご自分の中では、目的があるんでしょうが、果たしてその目的に対して、その手段が最適なんでしょうか?この判断は、とても難しいですよね。

 

実際に、「加圧トレーニングをしたい」というご依頼から、その目的をお伺いしたところ、肩こりを改善したいという理由があり、その原因が猫背でありそうだ、といった場合には、加圧トレーニングは適していません。

加圧トレーニングには、姿勢改善効果はありませんので、目的に対しての手段として、最善ではないからです。(多少は改善するでしょうが)

 

その目的に対して、何が最善なのか。

Best Solution(最善の解決方法)は何なのか。

 

を考えることが大切だと思います。

 

■情報が溢れている!だから、客観的な視点での判断が大切。

そもそも「◯◯トレーニング」と言ってしまっている時点で、ものすごく限定的です。

「◯◯というなにか」は、特定の◯◯には優れているだけで、全てを補うことは到底不可能です。

唯一無二のトレーニング方法なんてありえません。

万能薬なんてものは存在しません。

 

情報に惑わされてはいませんか?

情報を鵜呑みにしてはいませんか?

 

加圧トレーニングってなんですか?
体幹トレーニングってなんですか?
ファンクショナルトレーニングってなんですか?
サーキットトレーニングってなんですか?
初動負荷トレーニングってなんですか?

 

それぞれが、そもそも、どういったものなのか、どういう効果が出せて、どういう効果は出せないのか、ということを理解した上で、何をどうやるのかになります。

 

■原因は何なのか?何をする必要があるのか?

体幹トレーニングというものが流行っています。

果たして、体幹だけ鍛えればいいんでしょうか?

 

加圧トレーニングも根強い人気です。

加圧トレーニングは、腕か脚の血流を制限しながら行うトレーニングです。

 

体幹は腕と脚以外のことですし、加圧は腕と脚を行う。。これ真逆ですよね。

 

どちらも、人気のトレーニング方法だと思いますが、やってること、意図するところが、全く違います。

「じゃあ、どっちがいいの?」っていう発想になるかもしれませんが、「目的は何なの?」って話です。

 

「目的」に対して、「手段」があります。

手段先行で考えるから、よくわからなくなります。

 

あなたには、体幹トレーニングが必要なんでしょうか?

加圧トレーニングが必要なんでしょうか?

それとも、別の方法が必要なんでしょうか?

 

なぜ太ったのか?

なぜ膝が痛くなったのか?

なぜ筋肉がつかないのか?

なぜスポーツがうまくならないのか?

 

まずは、「なぜ?」をしっかり考えることが大切です。

なぜ、そうなったのか。

であれば、何をする必要があるか。

whyに対して、becauseがあります。

 

あなたには何が必要で、何をするべきかを導いて行くのが、パーソナルトレーナーです。



迷ったら、ぜひご相談下さい。

 

パーソナルトレーナー
五木田穣

 

スクリーンショット 2014-11-07 13.43.00

Your Best Solution MAIL MAGAZINE!メール会員募集中! 携帯電話(スマホ)の方はこちらをクリックすると、メール送信画面に変わりますので、そのまま空メールを送信してください。

 



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.