「頑張っているのに、成果が出ない」のなぜ?を考えてみた。


キレイな姿勢と動けるカラダ専門の

千葉のパーソナルトレーナー五木田です。

 

頑張っているのに、望むような成果が出ないという話はよく聞きます。

では、なぜ結果が出ないのでしょうか?

 

それには、以下の3つの要素が考えられると思います。

①頑張り方が足りない。

②頑張り方が悪い。

③頑張るところが間違っている。

 

順番に、解説していきます。

 

①頑張り方が足らない

まず、考えられるのが、本人は頑張っているつもりでも、全然足りてないと言う場合。

『頑張ってる』というのは、あくまで主観であり、実際の頑張り量とは別の話です。

 

例えば、自分は頑張っているつもりなのに、上司や先生、親から怒られる。。

そんな経験はないでしょうか?

 

「つもり」はあくまで「つもり」であり、主観的な判断になります。

客観的にみて、「いやいや全然足りてないから。。」

ということもありますよね。

(無駄に怒るだけの人もいますね)

 

例えば、週に1回のジムでも頑張ってますという人もいるし、

週に5回ジムに通っていても、頑張るなんて思っていない人もいます。

 

週1回が悪いということも、週5回が素晴らしいということもありません。

良いか悪いかは、その人の目的によるし、価値観によります。

 

その事実をどう捉えるかは、捉える人の主観でしかありません。

起きている事象にどう意味づけ、解釈をするのか?

主観は主観でしかなく、そういう意味ではあまりあてになりません。

 

一つ言えることは、第三者からの客観的な意見は大事だということです。

 

②頑張り方が悪い

次に、考えられるは、本人は頑張っているつもりでも、頑張り方が悪いという場合。

これも一緒で、自分は頑張っているつもりなのに、

やり方が悪いと、上司や先生、親から怒られる。。

 

これは、効率的な方法を知らないだけと言えます。

自分では、効率的だと思っている方法も非効率だったりするわけで、

やはり、主観は主観であり、実際に効率的とは限らないのです。

(やっぱり、無駄に怒るだけの人もいますけどね)

 

例えば、時間の使い方です。

夜疲れた状態で作業するよりも、朝早起きして作業した方が

作業効率が良いことが脳科学的にも証明されています。

 

「いやいや、私は、夜の方が作業がはかどるよ」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

結局のところ、それは主観であり、知らないだけと言えます。

 

より良い方法を知るために、

新しいこと、新しい意見を知ろうとすることは大事だと思います。

 

③頑張るところが間違っている

最後に、考えられるのは、本人は頑張っているつもりでも、

全然検討違いなことをしている場合。

 

極端な例でいうと、野球がうまくなりたいと思っているのに、

サッカーの練習をしているみたいな。

でも、こういうことあるあるなんです。

 

ピッテャーが下半身の安定感が欲しいと思って、走りこむ。

実際のところ、ピッチング時の下半身の安定感とランニングの関係性は、

ものすごく低いです。有酸素運動では筋肉つきませんしね。

 

やるなら、筋トレ。

種目で言うなら、スクワット、デッドリフト、ランジです。

 

思い込みで、良かれと思ってやってることが間違っている場合もあります。

やはり、客観的な評価、客観的な意見は大事だと思います。

■成果=努力の質×努力の量×努力の方向性

以上の3点のポイントをただしていけば、

頑張った分だけの成果が得られるでしょう。

 

ただ、頑張れば良いというのは、ちょっと無責任ですし、根性論的ですよね。

成果=努力の質 × 努力の量 × 努力の方向性

と、私は考えています。

 

具体的な目標に対して、何が必要か?

それを頑張る。

必要でないことを頑張っても、それは無駄にしかなりません。

 

量か?質か?という話がよくありますが、、

 

質が悪いものを量こなしても、良い成果は出ません。

かといって、質が良ければそれで良いというものでもありません。

 

例えば、ウサギとカメの話で、ウサギが途中休まなかったら、

圧倒的な差でウサギが勝ちますね。カメが勝てる要素はないでしょう。

 

質が良いものを量こなせられたら、手も足も出ないということです。

量か?質か?ではなくて、量も質も、両方必要でしょう。

(水中だったら、カメが勝ちますね)

 

さらに言うなら、ウサギが圧倒的なスピードで、圧倒的な努力をしたとしても、

ゴールと逆方向に向かってしまった場合、せっかくの質と量も台無しです。

努力は方向性が大事なんです。

 

まとめると、まずは、努力の質が大事。

効率よく、合理的に、努力する。

 

そして、努力の量

が良いものを量こなす。

 

さらには、努力の方向性。努力が目的に向かっているか。

どんなに良い努力も、目的と一致しなければ、

それは無駄な努力となってしまいます。

 

頑張ってるのに、望むような成果が出ないという場合、

量。質。方向性。

この3点から振りかってみるといいかもしれません。

 

よくわからない場合は、第三者の意見を聞いてみましょう。

 

関連記事
努力は絶対に裏切らない。本当にそうでしょうか?
努力するのは、誰のため?頑張るのは、何のため?
「努力」の反対語は「感謝」。
継続は力なり。それは不変の原理原則である。
人は楽をしたがるが、楽に変われる方法なんて存在しない。
目的地が曖昧だと、目的地までたどり着くことができない。
ジム初心者ほどパーソナルトレーニングから始めた方がいい。
物事の認識の仕方は、人それぞれ全然違う。だから、、
見ず知らずの土地を、地図なし、ナビなしで進めますか?
筋肉をあまりつけたくないと思うなら、正しく筋トレを行うべき。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

それでは、また!

 

頑張っても結果が出なかった

パーソナルトレーナー

五木田穣

 


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 

 


無料相談

☆パーソナルトレーニングのご予約は、24時間受付しております!

クービック予約システムから予約する 

※ご利用方法は、コチラをご確認ください。

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 

 



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.