人はそれぞれ主観が異なる。事実と解釈を分けて考える。


キレイな姿勢と動けるカラダ専門の

千葉のパーソナルトレーナー五木田です。

 

物事自体は常にニュートラルであり、

それをどう意味づけするか、どう解釈するかでしかありません。

 

良いも悪いもありませんし、

上も下もない。

 

偉いも偉くないもありませんし、

凄いも凄くないもありません。

 

その判断をするのって、主観でしかないし、

何かを比較するためには、条件付けや何かしらの基準が必要です。

 

例えば、あの人は偉い、あの人は凄いと思うのも、

自分の主観であって、それが事実かどうかは別の話です。

他の方から見てみたら、全く偉くも凄くも感じないかもしれません。

 

例えば、あの人は痩せている、太っているという判断も主観でしかありません。

私が痩せていると思っていても、本人は太っていると思っているかもしれません。

それは、主観の差ですし、比較している対象が違うからでしょう。

 

だから、客観的に物事を捉えられるかというのはすごく大切だと思います。

主観が入ると、感情が入り、物事はややこしくなる。

客観的な、ニュートラルな判断が出来づらくなる。

 

例えば、アキレス腱が断裂したという事実がある。

それ自体に良いも悪いもない。

不幸だとか、ついてないとか思うのは主観であって、事実ではない。

 

私たちは、ついつい感情的になりがちですが、

起きた事実をどう解釈し、どう意味づけし、

どう次の行動につなげていくかが大事だと思います。

 

 

どんな色をつけるか、どう見えるかは、人それぞれ違いますからね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

それでは、また!

 

関連記事
物事の見方、考え方、捉え方。根本的な原因は何か。
できると思えばできる。できないと思えばできない。
物事は捉え方次第。出来事をプラスに考えてみる。
常識を疑ってみること。自分で考えて判断すること。
物事の認識の仕方は、人それぞれ全然違う。だから、、
木を見て森を見ず。森を見て木を見ず。そのどちらかだけでは足りない。
素直な心は、体の反応も早い。

 

パーソナルトレーナー

五木田穣

 


LINE@はじめました!こちらから、お気軽にご質問、ご相談下さい☆

友だち追加数

岩田松雄リーダーシップスクール

岩田松雄リーダーシップスクールのインタビュー記事です。

ダイエットコンシェルジュ

ダイエットコンシェルジュ様から、「あなたが走っても走っても痩せない理由はコレ!運動とダイエットの関係性とは」といった内容で取材を受けましたので、私の考えをお伝えさせいただきました。

ジャパンフィットネス10月号

月刊ジャパンフィットネス2015年10月号

特集「~知っておきたい身体の機能~呼吸と運動の関係」において、DNS、FMSといったメソッドを中心に呼吸と運動の関係についての解説とエクササイズ監修をさせていただきました。

オンラインオッシュマンズ各店などで、ご購入いただけます。

 

 

 


無料相談

☆パーソナルトレーニングのご予約は、24時間受付しております!

クービック予約システムから予約する 

※ご利用方法は、コチラをご確認ください。

無料相談初回体験

取材依頼 講演依頼

各種お問合せは、コチラから。

※24時間以内に返信致します。

 

YouTubeで動画配信してます☆

チャンネル登録はコチラから。 



© 2014 Your Best Solution All Rights Reserved.